松本電子工業の高速画像検査装置

  • Home
  • 松本電子工業の高速画像検査装置

人間の目よりも確実な検査を実現~高速画像検査装置~

松本電子工業では、高性能な「高速画像検査装置」を製造しております。高速画像検査装置とは、カメラによってライン上を移動する製品の画像を撮影し、そのデータを画像処理・分析することによって製品を検査する装置です。これを活用すれば、製造ラインのスピードを維持したまま、人間の目よりも確実に製品の形状などが検査できます。当社は独自の並列処理技術で、さらなる高速化を実現しました。ここでは当社の高速画像検査装置を、一覧でご紹介します。

松本電子工業の高速画像検査装置~製品案内

2眼式高精度板幅計

独自の信号処理技術によって、±0.3mmの高精度を実現。主に冷延鋼板の鉄鋼ラインで採用されており、堅牢な構造で高いメンテナンス性を備えています。光源には市販の蛍光灯を採用。ランニングコストを抑えながら、照度コントロールによって安定した測定が可能です。

>>詳細はこちら

マーク検出装置

速度30m/分のラインで、通板状のマーク(0.3mmドット×25mm×2列)を確実に検出。小さな傷や汚れは画像処理で排除し、誤検出を防ぎます。動作中の画像はモニタでリアルタイムに確認できるほか、履歴としてSDカードにも記録。フラッシュライトは検出動作と同期点灯に設定でき、無駄な電力消費を抑えます。

>>詳細はこちら

高速画像処理システムの開発

当社では製造ラインのスピードを検査によって妨げない、連続ライン用高速画像処理システムの開発をうけたまわっております。お客様のご要望や製品の特性に合わせ、最適な設計をご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。

お客様にとって最適なシステムを構築 動作時間計算のご依頼はこちら

こんなお悩みありませんか?

松本電子工業のピンホール検出器

松本電子工業の高速画像検査装置

ピンホール検出器の製品案内

高速画像検査装置の製品案内

技術・生産のご案内

OEM生産のご提案

製品開発について

各種測定装置のご案内

高速画像処理の開発

LED式ストロボ装置の開発

逓倍機能付きパルスレート変換器の開発

カメラ信号処理ユニットの開発

会社概要

会社沿革

採用情報

よくある質問Q&A

コラム


Copyright © Matsumoto Electronics All Rights Reserved.